ホーム » シアリスの正しい服用方法

シリアスの正しい服用方法

シアリスの服用方法で正しい飲み方、使用方法を詳しく解説

案内をする医師

シアリスは性交渉を行う、およそ3時間から4時間ぐらい前に服用するのが正しい服用方法になります。服用する人の体質や、服用するときの体調により、身体の中に吸収されるスピードは、およそ1時間から4時間ぐらいと違いが生じます。

有効成分が10ミリグラム配合されている種類のものを摂取した場合は服用してから、およそ20時間から24時間ぐらい効果が持続することが期待でき、有効成分が20ミリグラム配合されている種類のものを摂取した場合は服用してから一番長い場合で、およそ36時間ぐらいは効果が持続することが期待できます。

服用するのは1日に1度として、服用するときには24時間以上の間隔を空ける必要があります。中には処方することができないという方も存在します。 ニトロ製剤とも呼ばれる硝酸剤や、一部の緑内障を治療する医薬品、一部のβ遮断薬を服用している人には処方することができません。

ED治療薬は、あくまでも血液の流れを改善させることにより勃起するのをサポートする医薬品なため、服用しても性的な興奮や、刺激がないと勃起することはありません。服用して成分が身体の中に吸収されているだけでは勃起しないということになります。 また、アルコールを摂取しすぎると神経の伝達が鈍くなるので性的な刺激を受け取りにくくなってしまい勃起する働きが低下してしまうことがありますので注意する必要があります。

食べ物による影響がないとされていますが、実際はそんなことはなく食事の摂取カロリーには、800キロカロリーという制限が設定されているので注意する必要があります。 そして食事を摂る前のお腹が空いているときに服用するのが適しています。例えば、午後7時に食事を摂り午後10時ぐらいに性交渉を行うというときには、シアリスをだいたい午後5時ぐらいに服用すると有効成分の効果を得やすくなります。

食事を済ませた後に服用することになったときは、食事をしてから、およそ2時間以上空けてからの飲むのが良い服用方法になります。

シアリスは、目が充血したり、顔がほてったり、頭痛を引き起こしたりする副作用などについては、他のED治療薬と比較して少ないのですが、その分効き目も穏やかとなっています。 このような副作用は、効き始めのサインでもあるので症状が長引かない限りは、あまり問題はありません。鼻づまりや、頭痛の症状が気になるという方は鼻炎薬や、頭痛薬を服用しても大丈夫です。